毛穴の開きを治す ピーリング

ピーリングで毛穴の開きを治す

ピーリング

毛穴の開きを治したり、お肌のスキンケアをするのに『ピーリング』の方法ですることも一般的になってきました。
そもそも、ピーリングとは肌の古い角質を剥いで新しい角質と入れ替える事です。

 

しかし、皮膚をはぐというのは、聞いただけでもわかるように、お肌への負担が大きいです。ですから、実践した後にケアすることが大切なのですが、自宅ではなかなか難しい面もありますので、医療機関などで施術してもらう方が確実です。

 

 

自宅でおすすめのピーリングジェル

しかし、医療機関に行く時間が無い人もいますし、自宅で出来たほうがやっぱり楽なわけです。
(保険が効くかもわからないしね)
(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

 

こちらのジェルは、保湿成分がふんだんに入っていて、肌に負担をかけずにハリと艶をあたえたピーリングができますよ。

 

オススメのピーリングジェル

↓  ↓

 

 

肌のピーリングの甘い罠

ここからはピーリングの気をつけないといけない話しをします。

ピーリング短所

角質ケアと聞けば『ピーリング』と言う方法を必ず耳にします。
ピーリングをすることで、古い角質を取り除き、新しい肌をみせて、効果がすごくあるような気分になってしまうこともあります。
しかし、ピーリングによる角質除去を無理やり実践すると、肌はどのように変化するかご存知ですかクエスチョン

 

第1段階

キレイな角質が肌の表面にでてきて、その肌を化粧水や美容液などで保湿すると、肌はみずみずしさを取り戻します。
肌のいらない部分を取り除いたと思い込んでしまう傾向があります。p(^-^)q

 

第2段階

古い「角質」を取り除いた事で、肌の防御力はほんの少し弱くなります
キレイに見えていた肌表面の角質は、以前より早く水分を失う傾向があり「無駄に思える角質」という気持ちが芽生えてきます。
Σ( ̄ロ ̄|||)

 

第3段階

無理やり肌の表面に出てきた角質は、通常より寿命が短いので早くはがれてしまいます。
これは、理想的な28日のターンオーバーのリズムが狂うことを意味するのです。
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

 

第4段階

角質がはがれる周期が早くなると、顔の表面の皮膚全体が『防御力が低下した〜Σ(゚д゚;)』という危険信号を意味する表皮の角質化を早めます
皮膚の表面を硬くして肌の内部を守ろうとするんですね。

 

第5段階

角質化が早まると、充分に成長していない皮膚の表面の細胞がバリアー機能の役割をすることになります。
もともと未熟な細胞の為、水分保持力や保湿力のない弱々しい角質になってしまいます。
未熟でも外部の刺激から肌を守ろうと働くのですが、早く力尽きてしまい、次の未熟な細胞が表面にでてきてしまうんです
そしてこれを繰り返します・・・。
(; ̄Д ̄)

 

角質除去で悪循環になった肌。

肌の水分量が少ないと、乾燥肌の状態になり、かさつき・肌荒れなどを起こしやすくなります。
((>д<))

 

一言で言うと『外部の刺激からの肌の防御力が弱いため』だからです。敏感肌になる人も増えてきます。
弱い角質の為に表面でブロックできなかったダメージは、真皮層へと伝わってしまい、コラーゲン線維などを破壊します。
そして、恐れていた肌のシワやたるみとなって出てきてしまうんですね
(TДT)

 

ピーリングによる悪い例を取り上げてみました。
目指すのは、角質を取り除く必要がないほど、角質層が美しく見える肌ですね。
( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう

 

その為に普段からの生活習慣とケアが大切です。

 

 

矢印ピーリング効果で毛穴ケアができる化粧品『四季彩』のトライアルセットの口コミを書いてみました。