花粉症対策 飲み物

花粉症対策 飲み物

花粉症ってつらいですよね。(TДT)
わかります。その辛さ。

SOS

 

私も『花粉症』ですから。
春は、多くの植物が花を咲かせるため、1年の中で花粉の飛散種・飛散量が特に多くなる季節です。花粉症の原因のスギやヒノキ以外にも、様々な花粉症原因植物が花粉を飛ばしているんです。

 

それに黄砂の影響もあります。春に多く観測される黄砂は、中国やモンゴルで冬に乾燥した土壌の砂が偏西風にのって日本に飛んできたものです。
最近は中国の工業化の影響で有害な大気汚染物質も含んでいて、皮膚への刺激もますます心配な状況なんです。

 

 

花粉症の症状は人それぞれ。

花粉症

  • 鼻水が多い
  • 鼻詰まりがつらい
  • 目がかゆくなる

などなど

 

そもそも花粉症の原因は、アレルギー物質が体内に入って、そのアレルギー物質に身体が異常反応します。

アレルギー


異常反応した身体が、そのアレルギー物質を体外に出そうとして『くしゃみ』や『鼻水』が出るのです。

 

 

症状は人によって違いますが、身体のアレルギー反応を抑えることが出来れば花粉症の辛さは解決するんです。

 

 

その対策はというと、花粉症の症状が出始める前から実践をすると効果的なんです。

 

早めの対策をすると、鼻水が垂れてくる量が軽かったり、そもそも症状が出ないなどといった感じで軽くなります。

 

つらい状態を和らげることができるんですね。

 

花粉症 効果 お茶

お茶

花粉症対策に効果のある最近人気のお茶があって、
えぞ式すーすー茶は効果があります。

 

花粉症でこんな症状の人にぜひとも飲んで頂きたいお茶です。

  • 「鼻水が止まらなくて困ってる!」
  • 「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい!」

このような悩みに副作用なく効くノンカフェインの茶です。

 

↓  ↓

 

 

 

花粉症とは

そもそも花粉症とは何なんでしょうクエスチョン

 

花粉症とは、花粉によって生じる『くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ』などのアレルギー性の病気のことをいいます。

 

その他にも皮膚のかゆみやただれ、喉のかゆみ、咳、集中力の低下、頭痛、全身のダルさなどが起こります。

 

風邪と症状が似ていることが多いので、間違えないようにしなければいけません。

 

 

花粉の種類

花粉症をおこす花粉はどの草木の花粉なのでしょうかクエスチョン

 

日本人の多くが『スギ花粉』によって花粉症を引き起こしていますし、現在では60種類以上の花粉がアレルギーを起こすと言われているんです。

 

(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)

 

 

しかし、30年ほど前は花粉症というのは一般的ではありませんでした。世に知られるようになった最初の花粉は『ブタクサ』でもありました。

 

 

花粉症の人の人数

 

日本人の多くが花粉症で悩んでいますし、皆さんの周りにもいると思います。(みなさん自身がそう?)

 

 

私は花粉症です。

 

( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう

 

 

日本人の15%が花粉症だと言われています。温暖化の影響やスギの数が増えており、花粉の量そのものが増えているから、花粉患者も増えていると言われています。

 

 

春に猛威をふるう花粉

春

春に猛威をふるう花粉は『スギ』をはじめ、『ヒノキ』や『マツ』などの『木』の花粉が飛散しています。

 

北海道では『シラカバ』の花粉も飛んでいます。

 

 

初夏から秋に猛威をふるう花粉

初夏

5月くらいからは『カモガヤ』や『ブタクサ』などの『草』の花粉が飛散しています。

 

それに秋に咲くスギ花粉も原因になっていたりするんです。

 

 

花粉症対策

 

 

花粉症対策

 

花粉症の人はとにかく辛いからなんとかして治したいしと思いますよね。

 

対策としては花粉が飛び始める前からする必要があります。

 

減感作療法

 

花粉のエキスを微量ずつ注射して身体を徐々に慣れさせていく方法です。

 

身体を慣れさせるんですね。

 

病院に通院しないといけないですし、個人差があります。

 

病院

 

 

初期療法

 

花粉が飛び始める2週間前から目薬を指したり、薬を飲み始めると効果がありますし、花粉症が出たとしても、症状を軽く押さえることができます。

 

 

 

花粉に接しない行動

 

花粉が多いのは風の強い日や雨の日の翌日などです。出かける時はマスクや眼鏡。ポリエステル系の素材の洋服などを着るといいかもしれません。

 

ポリエステル系は払えば花粉を取り除くことができますから。

 

 

目に花粉を入れない

目

眼鏡が有効です。普通の眼鏡でも花粉が目に入る量を1/2に減らすことができますし、花粉対策用眼鏡はもっと減らすことが可能です。

 

 

 

鼻に花粉を入れない

マスク

マスクが有効です。マスクをするだけで鼻に入る花粉の量を1/3に減らすことが可能です。

 

不織布素材のマスクは花粉の侵入を95%もカットする効果があるんです。

 

 

 

自宅に入る時は花粉を払う

 

外出から帰宅したら、家に入る前に洋服についた花粉を払ってから家に入りましょう。洋服以外にも鞄や髪の毛にも花粉が附着しているので、取り除くと良いと思います。

 

 

その他にも

 

  • 洗濯物を室外に干さない
  • 空気清浄機を使う
  • 床を水拭きする
  • 窓をむやみに開けない

 

 

などの対策が効果的です。

 

 

(・0・*)ホ,ホ--ッッ!!!

 

 

スギ花粉症に効果のある薬

 

花粉症用の薬があるのですが、お医者さんと相談して服用しましょう。

 

抗アレルギー薬

 

花粉症の症状が出る前から服用すると症状を軽減できます。

 

 

抗ヒスタミン薬

 

即効性が期待できますが、眠気やだるさ、口が渇くなどの副作用がでます。運転する前には飲まないようにしましょう。

 

 

局所ステロイド薬

 

花粉症の症状がひどい時に服用します。

 

スギ花粉の治療についてはこちらのページに書きました。

 

矢印スギ花粉症 舌下免疫療法

 

関連ページ

肌の乾燥を防ぐには?
お肌の天敵は乾燥です。乾燥したお肌は、肌荒れの根本原因です。潤いをお肌に与えて、ぷるんぷるんなお肌になりましょう。
乾燥肌を治す
乾燥するお肌はケアしましょう。そうしないと悪化する一方です。お肌は潤いが大切ですからね。(・∀・)
背中のニキビを治す
背中のニキビをなんとか治したい・・・。悩んでいても治りません。正しいケアをすればきれいに治ります。キレイな背中になれば自身が持てて、背筋も伸びてスタイルよくなりますよ。
大人ニキビの治し方
大人になってから出来たニキビ『大人ニキビ』は、きちんとケアしないと治らないです。大人には大人なの治し方があります。おすすめの方法を解説。
クレーターのニキビ跡を消す
ニキビの跡って気になりますよね。クレーターになったまま、ず〜と残りますから。なんとかして消したい!これが本音です。おすすめのスキンケア商品を紹介します。
スキンケア 30代
スキンケアは、後になって後悔しないように正しい効果的な方法で行いましょう。30代から始めても、5年後に違いが出ます。
秋のスキンケア
夏が終わって秋になると乾燥する季節の到来です。肌が乾燥してしまうし、夏の疲れも残っているので、潤いを与えてあげましょう。シミやしわが出来たくないなら秋のスキンケアが大事です。
冬のスキンケア
冬は空気が乾燥しています。肌も乾燥しやすい季節です。乾燥肌にならないようにスキンケアをしっかり行いましょう。
ライスフォースの口コミと効果
毛穴をなくすことができる化粧品『ライスフォース』。お米の効果で毛穴がなくなります。世界で愛用されている化粧品です。毛穴のない肌へ。
毛穴の臭いを消す
臭いを発生させる場所は毛穴です。脇の臭いや鼻の毛穴の臭い、顔の毛穴の臭いも気になります。ニオイケアをはじめましょう。
ビタミンCで毛穴引き締める
開いてしまった毛穴を引き締める効果があるビタミンCを配合した化粧品『ドクターケイ』を紹介します。毛穴をなくして、潤いに満たされた上向き肌を手に入れましょう。
デコルテ 痩せる方法
デコルテは、第2の顔と言われるくらい、見られる場所です。デコルテが汚いと、第一印象がそれだけで悪くなります。
二の腕を細くする
二の腕を細くするとそれだけでスタイルがよく見えます。重力に負けない様にしましょうね。
ひどい肩こり 解消法
肩こりは日本人の国民病といえるくらい多くの人が肩こりを経験しています。年齢と共に凝り方がひどくなっていくので早めにケアしましょう。
高濃度ビタミンc化粧水
毛穴はもちろんですが、顔のお肌全体をケアするのにビタミンCは効果がすごくあります。
スギ花粉症 舌下免疫療法
年々、スギ花粉の症状を発生する人が増えています。日本人の現代病なのです。舌下免疫療法という治療方法も考えられています。
夏を乗り切る 方法
日本の夏は暑いです。近年は特に暑い!です。夏バテをしないで夏を乗り切る方法を紹介します。夏は元気に思いっきり楽しまないとね。
プエラリアとは
プエラリアはバストアップ効果があると言われています。女性ホルモンに影響するので美肌効果もあるんですよ。
エストロゲンを増やすには サプリ
エストロゲンは女性ホルモンに含まれています。40代後半になると減少してしまうエストロゲンを増やすにはサプリを飲むといいですよ。