夏バテ肌をケア!秋のスキンケアの方法

夏バテ肌をケア!秋のスキンケアの方法

夏バテ肌鏡を見る女性

暑い夏が終わりました。楽しかった思い出も、悲しかった思い出も人それぞれあると思いますが、お肌の方はいかがでしょうか?夏は強い日差しを浴びる季節です。ということは、紫外線もたくさん浴びたということ。
どんなに日焼け止め対策をしても、少なからず紫外線は浴びています。浴びることは仕方がないとしても、問題は浴びた後。その後のケアで肌の状態が雲泥の差になります。
初秋になってくると、朝晩は過ごしやすく、昼間は暑い!そんな日がつづきますよね。気温の差が激しいのも初秋の季節の特長でもありますが、気温の変化が激しいと夏バテしている肌は、敏感肌になりやすい傾向があります。
そんな肌を放っておくのが1番ダメ!とにもかくにもケアしましょう。

 

 

エアコンの乾燥で夏バテ肌にもなる

夏バテ肌の原因はエアコン

紫外線を浴びたくないから、エアコンの効いている室内ばかりにいるのも肌にはよくありません。近年の酷暑でエアコンは欠かせないのは当然ですが、長時間のエアコンのあたりすぎにより、肌が乾燥していますし、血行が悪くもなっています。
エアコンにあたっていたら肩が凝ったりする経験ありませんか?これって、血行が不良になったのが原因です。それに肌の温度も下がり不健康な角層が生まれてしまうんです。
この角層が原因で肌荒れがおこり、顔色が暗くくすんだようになってしまいますし、肌がごわついたりしてきます。
顔色が暗くなるなんて女としては放って置けない自体ですよね。だから、保湿ケアと血流をスムーズにするジンセンXで、肌の温度を上昇させながら血行の流れをよくしましょう。

 

夏バテ肌の間違ったケア方法

夏は暑いから汗をよくかきますし、そのせいでベタベタしてしまいますよね。そうすると、肌のスキンケアも億劫になってしまいがちです。とりあえず化粧水だけ塗っておけばいいか』って、化粧水だけで済ましてしまう人も多かったりします。(私の周りにもいます)
が、それが肌の乾燥の元なんですよね。実は。乳液もクリームもつけてないから、せっかくの化粧水は蒸発してしまうのがオチ。
潤いがなくて乾燥して肌のままで、秋に突入すると、それこそ、ヒビ割れした肌になって恐ろしいことに・・・。怖くて想像できません。そしてひどい状態の乾燥肌に。
そんな肌にならないためにも、夏でも化粧水を付けた後は、乳液やクリームでしっかりと蓋をしてあげる必要があるんです。

 

夏バテ肌のスキンケアは美白ケアがおすすめ

潤い肌嬉しそうな女性

夏に大量の紫外線を浴びてしまった肌は、シミやそばかすができやすくなります。というか、もうすでに顔や肩のどこかにシミができてしまっているかも!?そのうえ紫外線を浴びた肌は『乾燥』しますので保湿してあげる必要もあるんですね。シミを予防するためには美白有効成分のアルブチンと、浸透率が高くて低刺激なヒト型のセラミドを含んだセラミドナノスフィアで美白と保湿のケアが同時にできます。

 

乾燥した夏バテ肌におすすめの化粧水

乾燥している夏バテ肌には、まず、化粧水で潤いを与えてあげましょう。角層までぐんぐんと浸透していくおすすめの化粧水は『四季彩スキンケアトライアル』です.

 

この『四季彩スキンケアトライアル』に入っている美容水は、ほんのりとろみがあり、肌の上で蒸発することなく、角層まで浸透して潤いを与えてくれます。日本酒の中でも最高級の大吟醸をはじめとしたお米由来の保湿成分が配合されているからしっとりと潤います。
最近、よく耳にするライスパワーエキスっていう成分ですね。
トライアルセットに入っているゴマージュで肌をなでるだけで、肌表面の不要な角質をケアすることができるから、その後に付ける化粧水の浸透力が違いますし、潤い感がハンパありません。
夏バテ肌で毎年悩んでいた人も、そうでなくても潤いケアをしたい人でも、おすすめの『四季彩スキンケアトライアル』です。

 

秋のスキンケアの方法

秋はお肌にとって環境が大きく変わる季節になります。夏の暑い日差しと紫外線を浴びている肌は、まず疲れています。

 

((>д<))

 

日焼け止めでどんなにケアしていたとしても、紫外線を浴びています。それにシミにならないようにPA++++のような強い刺激がある日焼け止めを使うとお肌の疲労もかなりたまっています。だから、まずはお肌の疲れを取ってあげる必要があるんですね。

 

( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう

 

 

化粧水で潤いを与えることはもちろんですが、そのときに無添加の化粧水がおすすめ。肌にやさしいし疲れている肌には刺激を与えないほうがいいですから。

 

高濃度ビタミンC配合の化粧水についてこちらに書いています。

 

 

それとコラーゲンビタミンも摂取してあげましょう。

 

みかん

 

野菜や果物を中心とした食事を意識して食べるようにしてあげるのがGoodエクスクラメーション秋は食欲の秋というくらい、くだものなどもおいしく頂けれる季節なので、食生活を改善するのにいいタイミングなんです。

 

さつまいも

 

 

そして、秋は日増しに気温が下がっていき乾燥していきます。乗り切ったと思っている夏の紫外線のダメージが、徐々に肌に現れてきます。

 

w(゚o゚)w

 

注意
化粧水で潤いを与えるのはもちろんですが、その後にクリームをつけて潤いを逃がさないように肌の中に浸透させてとじ込める必要があります。

 

睡眠

昼間はもちろんですし、夜寝る前のケアも大事です。

 

 

秋のスキンケアをきちんとしてあげれば、紫外線を受けてメラニンが生成されてシミになる確率も低くなりますし、潤っているお肌はシワもできにくくなりますよ。女として秋の過ごし方は大事ですね。

 

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

 

 

秋はオータムドライ肌になるから潤いケアがおすすめ

暑い季節を超えた秋の肌は、汗腺が開きダメージを受けやすい状態になっています。汗はすぐにかいてしまうのに、乾燥には耐えられない肌・・・。

 

Σ( ̄ロ ̄|||)

 

 

毎年、そうだからって諦めて何もケアしないのは、非常に危険です。若い頃なら自然に回復しても、もう無理エクスクラメーションな年齢に誰もがなるんです。ある程度の年齢になったらしっかり手入れをする必要があるんですね。
秋は空気が乾燥するし、肌も乾燥するから『オータムドライ肌』になっている人が多いんです。ケアをしないとしみやシワの原因になります。
しっかり保湿をしてあげて潤いに満ちた肌は、滑らかで自らのバリア機能でシワを増やしませんよ。

 

ヽ(。ゝ∀・)シ⌒☆・゚:*☆

 

肌の乾燥を防ぐ方法を書きました。


 

関連ページ

肌の乾燥を防ぐには?
お肌の天敵は乾燥です。乾燥したお肌は、肌荒れの根本原因です。潤いをお肌に与えて、ぷるんぷるんなお肌になりましょう。
乾燥肌を治す
乾燥するお肌はケアしましょう。そうしないと悪化する一方です。お肌は潤いが大切ですからね。(・∀・)
背中のニキビを治す
背中のニキビをなんとか治したい・・・。悩んでいても治りません。正しいケアをすればきれいに治ります。キレイな背中になれば自身が持てて、背筋も伸びてスタイルよくなりますよ。
大人ニキビの治し方
大人になってから出来たニキビ『大人ニキビ』は、きちんとケアしないと治らないです。大人には大人なの治し方があります。おすすめの方法を解説。
クレーターのニキビ跡を消す
ニキビの跡って気になりますよね。クレーターになったまま、ず〜と残りますから。なんとかして消したい!これが本音です。おすすめのスキンケア商品を紹介します。
スキンケア 30代
スキンケアは、後になって後悔しないように正しい効果的な方法で行いましょう。30代から始めても、5年後に違いが出ます。
冬のスキンケア
冬は空気が乾燥しています。肌も乾燥しやすい季節です。乾燥肌にならないようにスキンケアをしっかり行いましょう。
ライスフォースの口コミと効果
毛穴をなくすことができる化粧品『ライスフォース』。お米の効果で毛穴がなくなります。世界で愛用されている化粧品です。毛穴のない肌へ。
毛穴の臭いを消す
臭いを発生させる場所は毛穴です。脇の臭いや鼻の毛穴の臭い、顔の毛穴の臭いも気になります。ニオイケアをはじめましょう。
ビタミンCで毛穴引き締める
開いてしまった毛穴を引き締める効果があるビタミンCを配合した化粧品『ドクターケイ』を紹介します。毛穴をなくして、潤いに満たされた上向き肌を手に入れましょう。
デコルテ 痩せる方法
デコルテは、第2の顔と言われるくらい、見られる場所です。デコルテが汚いと、第一印象がそれだけで悪くなります。
二の腕を細くする
二の腕を細くするとそれだけでスタイルがよく見えます。重力に負けない様にしましょうね。
ひどい肩こり 解消法
肩こりは日本人の国民病といえるくらい多くの人が肩こりを経験しています。年齢と共に凝り方がひどくなっていくので早めにケアしましょう。
高濃度ビタミンc化粧水
毛穴はもちろんですが、顔のお肌全体をケアするのにビタミンCは効果がすごくあります。
花粉症対策 飲み物
花粉の季節になりました。つらいですね。効果的な対策をしてなんとか乗り切りましょう。飲み物でも効果的な対策ができますよ。
スギ花粉症 舌下免疫療法
年々、スギ花粉の症状を発生する人が増えています。日本人の現代病なのです。舌下免疫療法という治療方法も考えられています。
夏を乗り切る 方法
日本の夏は暑いです。近年は特に暑い!です。夏バテをしないで夏を乗り切る方法を紹介します。夏は元気に思いっきり楽しまないとね。
プエラリアとは
プエラリアはバストアップ効果があると言われています。女性ホルモンに影響するので美肌効果もあるんですよ。
エストロゲンを増やすには サプリ
エストロゲンは女性ホルモンに含まれています。40代後半になると減少してしまうエストロゲンを増やすにはサプリを飲むといいですよ。