枝毛無くせるシャンプー

枝毛を無くすシャンプー

枝毛の人は正しいシャンプー方法で髪の毛をケアして『きれいなサラサラヘアー』を目指しましょう。

 

正しいシャンプー方法
1・毛先をほぐして素直な髪に整える
シャンプー前に髪の中央を片手で押さえてブラシで毛先をほぐします。

 

枝毛シャンプー

2・毛流れにさからってとかすて汚れを浮かせる。
毛先のからみが無くなったら根元から髪をとかします。毛の流れに逆らった動きで頭皮の汚れをうかせます。よりキレイになる大事なひと手間です。

 

 

3・毛流れに沿ってとかす
毛流れに沿ってとかします。頭皮に付いている汗や皮脂を落ちやすくするためです。

 

 

4・『予洗い』で汚れの8割を落とす
昼間の汗やホコリ、スタイリング剤は、シャンプー前の予洗いで8割落します。頭皮までしっかりと洗う事がポイントです。

 

 

5・シャンプーをお湯でゆるめる
シャンプーをいきなり頭皮につけるのではなくて、シャンプーと同量程度のお湯でゆるめます。
泡立てずに滑らかな状態にのばせるのがコツ。

枝毛シャンプー

 

6・皮脂の汚れを浮かせる
皮脂汚れはとうひを指の腹でやさしく、さわさわとマッサージしながら洗って浮かせます。指に力を入れずに頭皮全体にシャンプーを行きわたらせ泡立てします。

 

 

7・皮脂を絞りだし洗いする
毛穴やその周囲の皮脂をオフするために絞りだし洗いをします。指の腹で圧を軽く掛けて頭皮を動かします。頭皮の血行も促進されるのでキレイな髪が育つ土台になります。

 

8・丁寧にすすぐ
髪をかき分けてとうひにお湯をあててシャンプーを洗い流します。髪の毛全体で1分が目安です。

 

9・トリートメントをしっかり
トリートメントを軽く付けるだけでは髪の毛の表面にしかつきません。手を使って髪の内側まで付けましょう。

 

 

10・ロングヘアや傷んだ髪にさらにトリートメント
ロングヘアや傷んだ髪の人は、痛みやすい毛先にトリートメントをさらに付けます。保湿効果がアップして潤いのある髪の毛になります。
付け終わったら2,3分放置します。

 

 

11・トリートメントを洗い流す
トリートメントもしっかりと洗い流します。ぬるつきやべとつきが無くなるまで洗い流します。シャワーのお湯を手の平に溜めて頭皮や髪にかけるためすすぎは効果的です。

 

 

 

髪に自信が持てなかったりトラブルを招くのは自己流のケアのせいかもしれません。
疑問や思い込みを解消してダメージ知らずの髪の毛にしましょう。

 

シャンプー Q&A

シャンプーQ&A

正しい髪の毛の乾かし方を知りたいです。

ドライヤーを使います。自然乾燥で髪の毛を塗れた状態にしておくのが最も痛みやすいです。濡れたまま寝るのは厳禁です。ドライヤーは髪から20cmほど離して動かしながら乾かします。

巻き髪の乾かし方は?

巻き髪の人は(理由はともかく)ドライヤーの時に『指でクルクル』と取り入れるのがおすすめです。頭皮を髪全体をざっと乾かしたら中央から2つにわけて前におろします。おろした毛の束1つを指に巻き付けクルクルしながら風を当てると自然な毛流れが誕生します。

髪は毎日洗ったほうがいいですか

毎日のシャンプーが基本です。頭皮の毛穴はサイズが大きいのが特長です。皮脂がこびりついたり酸化しやすいので毎日のシャンプーがおすすめです。

枝毛や白髪はどうすればいい?

髪の毛はカットすることのみ。予防が最善です。髪の毛は自己修復しないので枝毛は切るしかありません。毛流れに逆らって抜くと毛穴が歪みクセ毛になる可能性があるので注意です。

髪の毛のボリュームが減ったかも・・・。

マッサージで血流をアップさせて皮脂をしっかりおとしましょう。血液が巡らないと酸素や栄養が届かず元気な髪が育ちません。週数回マッサージを念入りにおこないましょう

『シリコン』が入っているシャンプーは頭皮の毛穴を詰まらせて枝毛の原因になる?

シリコンの毒性については、海外の研究でもほとんど報告が無いのが現実です。それに、毛穴を詰まらせるほどのシリコンはシャンプーに入っていません。
髪のキューティクルの隙間にシリコンが詰まることはあっても、頭皮の毛穴に蓄積することは心配無用です。
また、髪質や髪の状態、髪の毛の長さによってはシリコン入りのシャンプーを使わなくていい人もいます。